ラッピングトラックにかかる費用

subpage01

大きな街でよく見かけると思いますがラッピングされた宣伝のトラックが走っています。


トラックの荷台部分が大きな広告となっており、多くの方の目に留まり宣伝活動をしています。


さまざまな媒体で宣伝はありますが、時間や場所を決めてスポット単位で交通人に対して宣伝できますので効率の良い方法です。

そこで多くの方が気になっていると思いますが、ラッピングトラックにかかる費用はどれくらいなのかということです。

通行エリアに料金が変わりまして、1日30万円前後です。


また料金に含まれているものですが、ラッピング費やデザイン費、ドライバー等の人件費、駐車代金、車両燃料費、道路使用許可申請費等になります。

トラックのラッピングの情報を得られます。

ラッピングトラックと一概に言いましても最近では車両に広告を貼り付けたり、デザインされていたりするだけではなく夜中でも分かりやすくするために照明が取り付けられていることが多いです。



車外に照明があるタイプ、広告の裏側に照明装置があり広告が浮き上がって見えるタイプもあります。

そういった照明が搭載されたタイプでは夜の方が広告として目立ちますので上手く活用されています。
多くの車両は宣伝や告知のために使われていますが、音声を流す装置も取り付けられており幅広く利用されています。



日本では税制の関係上で特殊用途自動車として登録している車両がほとんどなので宣伝以外の目的として使用されることはありません。
それなりに費用がかかるラッピングトラックですが宣伝活動としては一定の効果を挙げています。